知っておこう相続税の節税

相続税の節税対策は専門家にご相談ください。

相続税の節税対策は、専門家への相談が欠かせません。上坂幸三国際税理士事務所では、節税対策に関する無料相談を行っています。
資産内容に伴いポイントとを抑えてお話しします。

土地の評価について

相続税の節税には資産評価に対する対策が必要になります。現金や上場株の評価を下げることは難しいですが、土地・不動産資産の評価を適正に工夫する事により相続税の払い過ぎを回避できます。
評価額は、以下のような条件が当てはまれば減額できる可能性があります。


※間口が狭い(道路に面した長さが8m以下)
※土地に高低差がある
※二世帯住宅が建っている
※他人の建物が建っている
※私道にしか隣接していない
※500m²~などの広大地
※生産緑地に指定されている
※長方形や正方形などの四角ではない
※アパートなどの賃貸物件敷地


上記のように土地評価額が減額される要素はたくさんあります。
土地の評価額が下がれば相続額が下がるので、土地不動産の評価額の精査を欠かすことはできません。200m²の土地の路線価が1万円下がれば200万円もの評価減となり、約60万円分の節税対策になります。
不動産・土地の評価を適正に行わないことで、必要以上に税金を納める事にならないよう、是非専門家へご相談ください。