相続に関連する財産評価について

相続税は被相続の残した財産の評価額をもとに計算されます。
正しい相続税の申告をするためにも、相続に関する財産評価について知っておきましょう。

プラスになる財産とは

相続発生からの3ヶ月経つ前までに、プラスの財産とマイナスの財産を把握しておく必要があります。


【プラスになる財産】

※不動産(土地・建物)・・・宅地、居地、農地、店舗、敷地などがあります。

※不動産上の権利・・・、借地権、地上権、定期借地権などがあります。

※金融資産・・・現金、預貯金、有価証券、小切手、株式、ゴルフ会員権、国債、社債、債権、貸付金、売掛金、手形債権などが含まれます。

※動産・・・車、家財、骨とう品、宝石、貴金属などがあります。

※その他・・・著作権や特許権などもプラス財産として考えられます。

マイナスになる財産はなに?

相続財産はプラスものだけとは限りません。
相続することでマイナスになる負債も財産評価にかかわってきます。

【マイナスになる財産】
※借入金・・・買掛金、手形債務なども含まれます。
※公租公課・・・未払いの所得税、住民税、固定資産税などになります。
※保証責務・・・将来的に発生しうる保証金
※ほかにも支払いの終わっていない様々、医療費、未払い利息、預かり敷金などもマイナスの財産となります。。

財産として該当しないものは?

財産に含まれるものに「権利」関係がありますが、これは金銭につながる債権だけで、以下のものは含まれず財産として該当しません。

※財産分与請求権
※生活保護受給権
※身元保証債務
※扶養請求権
※受取人指定がされている生命保険金
※墓地、霊廟、仏壇、仏具、寝具など祭祀に関連するものは財産としてみなされません。